投稿日:

相続税対策

相続税が金持ちだけの税金だった話は、今は昔のことです。
今は一般の人でも、相続税を支払わなければならなくなりました。
でも対策をしっかり立てていれば、相続税の支払額をかなり抑え込むことができます。
そこで、節税につながる相続税の対策について取り上げます。

相続税の対策として典型的な方法は、贈与を利用することです。
1年の間に110万円以下の財産を贈与すれば、贈与税はかかりません。
例えば夫・妻・子供2人の家族で、財産が1億円あったとします。
夫が病気で亡くなり妻・子供2人が相続人になると、基礎控除額を除いた5200万円が課税対象です。
でも毎年100万円ずつ贈与を10年間続けたとすると、贈与された合計1000万円分の財産は税金がかかりません。
基礎控除額を除いた4200万円が課税対象となります。
贈与をせずそのまま相続した場合、相続税は860万円です。
一方100万円ずつ10年間贈与を続けた場合、相続税は640万円です。
贈与をしただけで、220万円の節税になりました。
ただし相続発生から3年以内に発生した贈与に限っては、課税対象となるので要注意です。
贈与を利用して相続税の対策を立てるのなら、明日からでも準備しておきましょう。

相続税の対策を立てるのなら、土地や建物を無視することはできません。
価格が高いものになるので、かかる相続税もかなりのものです。
不動産に関する制度も関わるので対策を立てるのはかなり難しく、考えるだけでも頭が痛くなります。
不動産にかかる相続税の対策を立てるのなら、正しい評価額の割り出すことが最も有効的な方法です。
土地の形は何処も正方形・長方形ではなく、いびつな形をしている所もあります。
いびつな形をしている土地の場合、補正率をかけて評価額を割り出せば、ある程度は節税になるでしょう。

しかし不動産の正しい評価額を割り出すには、専門的な知識が必要です。
相続税の対策をしっかり立てておきたいのなら、税理士などの専門家にお願いするのが1番です。