投稿日:

税理士に支払う報酬額の目安

税理士はボランティアではありません。
税理士は依頼人から依頼料を得て、仕事をします。
相続税も例外ではなく、依頼人から依頼料をもらった上で相続税の手続を進めます。
では相続税の手続を税理士に頼む際、報酬額はいくらになるのでしょうか。

税理士は基本的に自由業になるので、報酬は明確に決められていません。
目玉が飛び出るほど高い報酬額を要求する所もあれば、超リーズナブルな価格で済ませられる所もあります。
「超リーズナブル価格で承ってくれるのなら安い所が良い」とおもわれるかもしれませんが、大きな間違いです。
そもそも相続税の手続は非常に複雑で、デリケートな作業が要求されます。
もし安い所に相続税の手続を頼めば、手抜きで進められる恐れがあるので要注意です。
最悪、税理士の資格を持っていない人が担当するケースもあるほどです。
もちろん、逆に報酬額が高過ぎるのも問題です。
税理士の報酬額を支払うために生活そのものが苦しくなると、何のための税理士かわからなくなります。

税理士に支払う報酬の目安としては、財産総額の0.5%〜1.5%と言われています。
財産総額が5,000万円であれば、報酬額の目安としては30万円〜50万円が妥当でしょう。
税理士事務所の中には「プラン」という形で、セットになっている所もあります。
そして後でオプションをつけて、依頼料として請求をします。
プランで報酬額が設定されていると分かりやすく、依頼する側としても安心できます。
しかし悪どい事務所になると、本来必要がないオプションをつけて値段を釣り上げる所があるので要注意です。

税理士に支払う報酬の目安は、財産総額の0.5%〜1.5%と見て間違いはないでしょう。
0.5%よりも少し低ければ安い、1.5%よりも高く設定されていれば高いと判断しても構いません。
ただ高い価格には高い理由、低い価格の場合は低い理由がかならずあります。
契約する際には、報酬額についてきっちりと問い合わせるようにして下さい。