投稿日:

税理士は税務署と相続人の架け橋

税務署と関わるのは勘弁して欲しい所ですが、相続税を申告する上で税務署の関わりは切っても切り離せません。
そこで頼りになるのが、税理士です。
税理士であれば相続税の申告書を作成してくれるばかりか、税務調査にも対応してくれます。
そこで税理士が相続税の申告書を作成する流れと、税務調査の対応についても取り上げます。

相続税の申告書を作成する際、まずは相続税が発生するかどうかを確認します。
相続税は相続が発生した全ての人が払うわけではなく、基礎控除額以上の財産を相続した場合に相続税が発生します。
相続税が発生しているかどうかを確かめるために、税理士は徹底的に財産を調査します。
財産の調査が済めば、税理士は被相続人・相続人の戸籍を取り寄せて法定相続人を明らかにします。
相続税が大幅に安くなる特例が適用になるのかどうかを確認した上で、申告書を作成して税務署へと提出します。

ただし、税理士の仕事は相続税の申告書を税務署に提出して終わりではありません。
もし申告書類に不備があれば、税務調査が待ち受けています。
下手をすれば申告漏れを指摘され、追徴課税が課せられてしまいます。
税務調査では税務署が家まで乗り込んで、何もかも徹底的に調査されます。
何か悪いことをしていないにも関わらずあれこれ調べられるのは、良い気分はしません。
でも税理士であれば、税務調査に立ち会って対応してくれます。
税理士が税務調査に立ち会ってくれると、精神的に楽になれるだけでなく、税務署の対応も大きく変わります。
税務調査では税務署の方から何らかの形で、説明を求められる場合があります。
もし説明方法を間違えてしまうと、本来支払う必要がない税金を支払う羽目になる恐れがあります。

あくどいことをして相続税の支払いを誤魔化していたのならば、話は別です。
申告書に不備があったがために大きな負担を強いられるのは、たまったものではありません。
税理士であれば税務署と相続人の間に入り、上手く対処してくれます。